禁煙したい.com | 禁断症状・方法・効果・グッズ編

なぜ禁煙に失敗するのか?

■その一本が命取り!

禁煙を始めて「1か月」ほどすると、徐々に体がタバコを欲しがらなくなります。つまり、「ああっ!タバコが吸いたい!」という気持ちが徐々に少なくなってくるんですね。となると、「おっ!だいぶ禁煙が成功に近づいているな」と思うのは当然のことでしょう。しかし、実はこの時点こそ、禁煙に失敗する人が多いのです。むしろ、「禁煙1ヶ月」の時期こそ、禁煙が失敗に終わるのか、あるいは成功に近づくのか、その「最大の分かれ道」と言えるんですね。

禁煙を始めると、体はニコチンを求めるため、「タバコが吸いたい!」という気持ちが生まれます。しかし、そのまま禁煙を続けていくと、体と脳は「あれっ?もうニコチンが入ってこないのかな…?」と思うようになり、「じゃあ、ニコチンなしの体にするか」と指令を出すようになってきます。禁煙のイライラ感が徐々に薄れていくのは、体や脳が「ニコチンなしの生活」に順応し始めている証拠なのです。

ところが、それでも体と脳は完全にニコチンを「あきらめた」わけではありません。禁煙1ケ月の時期とは、「禁断症状は少なくなってきているものの、完全にあきらめてはいない状態」であり、だからこそ、「1本だけなら…」という気持ちが生まれるのです。しかも、禁煙している人には「だいぶ禁断症状も出なくなったし、まぁ、1本程度なら…」という、一種の「油断」があるため、つい1本を手に取ってしまうんですね。

このような状況で1本を吸うと、あきらめかけていた体と脳が一気に目覚めます。「ほらっ!やっぱりニコチンが入ってきた!」と思い、また新たなニコチンを求めるようになるのです。結果、また次々と「タバコが吸いたい!」という気持ちが生まれるようになり、禁断症状も再度大きくなっていくことになります。

禁煙して1ケ月も経つと、どうしても「油断」が出てしまいますし、それと同じ時期に「1本だけ」という脳と体の「指令」が生まれてしまいます。「油断+指令」が最も大きくなる「禁煙1ケ月」、皆さんもこの時期には十分に注意するようにしておきましょう。

<< お金をかけずにできる!禁煙方法人気ランキング【実績多数】 >>

1位 辞められなかった…いつかきっと…の方々へ送る『禁煙の方法の方法!』
いまいちピンとこない禁煙本や、ニコチンパッチやニコチンガムなどの禁煙法、これらでは止められなかった禁煙するためのある「コツ」を大公開中!どんなヘビースモーカーでもノンスモーカーに♪無理せず自然に禁煙をしてみませんか?       >> 詳細を見る

2位 スパッと禁煙する方法!
我慢や忍耐は一切必要なし!あることをするだけで、3日間でスパっと禁煙する方法♪メディアにも取り上げられたことのある実績のある方法です。「実は、禁煙を成功させることは、とっても簡単なことなのです。」この言葉にも納得の内容です。    >> 詳細を見る

3位 “完全にタバコから解放される”為の禁煙方法【リラックス禁煙法】

禁煙グッズがなくても、意志が弱く我慢が出来ない人でも、やめるのは簡単です!一番危ないのは○○を知らないことです。無料プレゼント実施中!       >> 詳細を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 禁煙したい.com | 禁断症状・方法・効果・グッズ編 All Rights Reserved.