禁煙したい.com | 禁断症状・方法・効果・グッズ編

なぜ禁煙に失敗するのか?

■一気に止める必要はない!?

皆さんは、1日に何本タバコを吸いますか?1日のタバコの本数は人によって大きく異なりますが、平均的には「1箱(20本)」というところではないでしょうか?1日のタバコの本数が「5本程度」であれば、それほど強い「ニコチン中毒」ではありませんので、禁煙することも簡単だと思います。しかし「1日1箱」だと、それは立派(?)な中毒です。したがって、1日1箱、あるいはそれ以上吸う人であれば、禁煙が格段に難しくなってしまうんですね。

さて、1日1箱以上タバコを吸う人は、一気に禁煙する必要はないと思います。まずは、1日のニコチン摂取量を減らすことから始めれば良いのです。たとえば、1日2箱吸う人であれば、「1日1箱までにする」という「減煙」を数カ月続けて、「1日1箱」のペースに体が慣れてきたところで、今度は「1日10本」などのように減らしていくのです。

1日のタバコの本数が多い人ほど、一気に禁煙をすることは難しく、また、「イライラ感」も吸う本数に比例して大きくなるんですね。「一気に禁煙して失敗する」のであれば、長い期間がかかったとしても、徐々にやめて行った方が効率的と言えるのです。

また、「1日2箱→1箱」のような減煙が難しいなら、「1日1箱+ニコチンガム(ニコチンパッチ)」のように、「本数を減らす+禁煙グッズ」の組み合わせも効果がありますよ。とくに「ニコチンガム」や「ニコチンパッチ」は、「吸ってもいないのに、なぜか吸いたくなくなる」という、経験したことない人には分からないような、「不思議な感覚」になるのです。したがって、減煙すら難しいと感じるなら、減らした分を禁煙グッズで補うという方法もあることを知っておきましょう。こうすることで、無理なく減煙出来ますし、徐々にタバコを吸う本数も減っていくと思いますよ。

[スポンサードリンク]
ミュゼでOラインの脱毛
ミュゼでOラインの脱毛をしたい方に気を付けるポイントや値段面の話などを紹介。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 禁煙したい.com | 禁断症状・方法・効果・グッズ編 All Rights Reserved.