禁煙したい.com | 禁断症状・方法・効果・グッズ編

禁煙の基礎知識

■タバコの禁断症状とは?

タバコを吸う人がしばらく禁煙すると、体に様々な「異変」が起こります。「身体的な異変」だけではなく、「精神的な異変」も見られるのが特徴です。まず、誰もが知っている異変と言えば「イライラ」ですね。しばらくタバコを吸わないと、なぜだか「イライラ」してしまい、「ああっ!タバコが吸いたい!」と思ってしまうんですよ。これが、中毒による「禁断症状」であり、この禁断症状が禁煙を難しくしていると言えます。そこで、禁煙した場合の禁断症状を、「禁煙期間」と比較して、一般的な喫煙者の事例で見ていきましょう。

さて、禁断症状による「イライラ感」は、人間の集中力を下げてしまうため、習慣的にタバコを吸う人の場合、禁煙してから「8時間後」には作業能率がかなり低下してしまいます。つまり、「何をしても集中できない」という状況です。

また、「禁煙3日目」には「猛烈なイライラ感」が襲ってきます。体からすれば、「何で吸ってくれないの!ああっ!ニコチンくれっ!」と悲鳴を上げている状態と言えるでしょう。しかし、「3日目」が禁煙において禁断症状のピークであると考えられているため、ここから徐々に落ち着きを取り戻し始めるのです。

ところが、「禁煙4日目」の禁断症状も甘く見てはいけません。「禁煙4日目」には、「異常な眠気」が襲ってきたり、寝ている時に「タバコの夢」を見たりするのです。

さて、「禁煙1週間後」には、体内からニコチンが完全に抜けるため、今度は「1本だけなら…」という葛藤と戦うことになります。体内のニコチンが完全になくなったため、少しでもニコチンを体内に取り入れようと、脳が「一本だけなら…」という「甘い誘惑」をしてくるんですね。

上記のような「1本だけなら…」という葛藤は、その後約2ヵ月間は続きます。しかし、それを乗り切ることが出来れば、禁断症状がほとんど見られなくなり、「禁煙成功」へ大きく前進したことになるんですね。具体的には、「3カ月」の苦悩に耐えることが出来れば、禁煙へ「王手」をかけたことになると覚えておきましょう。

<< お金をかけずにできる!禁煙方法人気ランキング【実績多数】 >>

1位 辞められなかった…いつかきっと…の方々へ送る『禁煙の方法の方法!』
いまいちピンとこない禁煙本や、ニコチンパッチやニコチンガムなどの禁煙法、これらでは止められなかった禁煙するためのある「コツ」を大公開中!どんなヘビースモーカーでもノンスモーカーに♪無理せず自然に禁煙をしてみませんか?       >> 詳細を見る

2位 スパッと禁煙する方法!
我慢や忍耐は一切必要なし!あることをするだけで、3日間でスパっと禁煙する方法♪メディアにも取り上げられたことのある実績のある方法です。「実は、禁煙を成功させることは、とっても簡単なことなのです。」この言葉にも納得の内容です。    >> 詳細を見る

3位 “完全にタバコから解放される”為の禁煙方法【リラックス禁煙法】

禁煙グッズがなくても、意志が弱く我慢が出来ない人でも、やめるのは簡単です!一番危ないのは○○を知らないことです。無料プレゼント実施中!       >> 詳細を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 禁煙したい.com | 禁断症状・方法・効果・グッズ編 All Rights Reserved.