禁煙したい.com | 禁断症状・方法・効果・グッズ編

禁煙の基礎知識

■タバコを吸い続ける害とは?

「タバコは体に悪い」、これはもはや「常識」ですね。しかし、具体的に「何が悪い」のでしょうか?そこで、タバコが引き起こす人体への「害」について、少しだけ勉強しておきましょう。

皆さんもすでにご存じのとおり、タバコを吸うと「一酸化炭素」が体内に取り込まれることになります。一酸化炭素は、その性質上、血液の「ヘモグロビン」という物質と結びつきやすいんですね。ヘモグロビンは、呼吸によって取り入れられた「酸素」を、体の全身に「運ぶ役割」を持っており、酸素もヘモグロビンと結びつく性質を持っています。つまりタバコを吸うと、「一酸化炭素VS酸素」でヘモグロビンの「奪い合い」が始まるんですね。では、「一酸化炭素」と「酸素」の対決、どちらに軍配が上がるのでしょうか?

酸素が勝ってくれれば何も問題はないのですが、残念ながら圧倒的に「一酸化炭素」に軍配が上がってしまいます。一酸化炭素は、なんと酸素の200倍もの「強さ」を持っており、酸素が1個のヘモグロビンと結びつく間に、一酸化炭素は200個ものヘモグロビンを奪い取ってしまうんですね。したがって、タバコを吸うと酸素の運搬が難しくなり、「息切れ」や「動悸」が激しくなるのです。

また、タールは「体内に残りやすい」という特徴があり、「肺」の中に蓄積されやすいんですね。しかも、ニコチン中毒の方は「タールが完全に体外に排出される前」に次のタバコを吸うので、喫煙年数に比例して肺の中はタールで真っ黒になっていきます。これが、「肺気腫」や「肺がん」を引き起こす原因になっていると考えられているのです。

さらに、タバコを吸うと「煙」が「食道」を通りますので、タバコを吸わない人と比べて、「咽頭がん」のリスクが20倍も跳ね上がってしまいます。

いかがですか?「タバコは、百害あって一理なし」と言いますが、「ストレス解消」というメリットがある以外は、デメリットだらけであることを覚えておきましょう!

<< お金をかけずにできる!禁煙方法人気ランキング【実績多数】 >>

1位 辞められなかった…いつかきっと…の方々へ送る『禁煙の方法の方法!』
いまいちピンとこない禁煙本や、ニコチンパッチやニコチンガムなどの禁煙法、これらでは止められなかった禁煙するためのある「コツ」を大公開中!どんなヘビースモーカーでもノンスモーカーに♪無理せず自然に禁煙をしてみませんか?       >> 詳細を見る

2位 スパッと禁煙する方法!
我慢や忍耐は一切必要なし!あることをするだけで、3日間でスパっと禁煙する方法♪メディアにも取り上げられたことのある実績のある方法です。「実は、禁煙を成功させることは、とっても簡単なことなのです。」この言葉にも納得の内容です。    >> 詳細を見る

3位 “完全にタバコから解放される”為の禁煙方法【リラックス禁煙法】

禁煙グッズがなくても、意志が弱く我慢が出来ない人でも、やめるのは簡単です!一番危ないのは○○を知らないことです。無料プレゼント実施中!       >> 詳細を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 禁煙したい.com | 禁断症状・方法・効果・グッズ編 All Rights Reserved.